NEW 鯨の竜田揚げ

みなさん、こんにちは。

今日は、久しぶりの雨。足下には、気をつけて下さいね。


期末テスト2日目が終了しました。

最後の教科が終わったときの、生徒のホッとした顔興奮・ヤッター!。本当にお疲れ様でした。保護者の皆様もお疲れ様でした。

 

早速、3時間目から普通授業に戻り、テスト返却がされている教室もあるようです。

私は、1年生のクラスで返却をしましたが、前回から30点upさせた生徒がいました。彼は前回のテストの後、私にこう言いました。「先生、次絶対取ります!!」と宣言。見事、公約達成です。

信じてやることが何よりも大切ですね。

今回の反省を是非次に活かしてほしいと思います。


今日の給食は、「鯨の竜田揚げ」大変美味しくいただきました。

函館では、鯨を食べる文化を大切にしようという試みが年一回続けられています。

世界的にみても、鯨を食べる文化を否定する国はあります。(日本では、イルカを食べる地域もあります。)

しかし、カンガルーを食べる国もあれば、機械で食べ物をいれられて作られる三大珍味のフォグラなど人は、いろいろなものを食す文化があります。しかし、どれも否定できるものではないと思います。

以前、読んだ本の中に鯨をとるということが、飢餓状態の人間にとってどれだけ嬉しい出来事だっただろうということが書かれてありました。今も鯨漁のさかんな地域では、とった鯨を近所に配って歩くのが普通だそうです。そうやって助けあって生活してきたということがわかりますね。

助け合いながら生活してきた歴史を思って、鯨をいただくことも大切なことなのかもしれません。

調べたいかたはこちらを検索してみて下さい。 「ザ・コーヴ」「ブッシュタッカー」「太地町」「フォアグラ」


給食後の給食委員の仕事ぶり。

下膳のお手伝いをしています。とても爽やかです。お疲れ様です。