#北中ブログ

NEW 家庭学習ノートのアップデート

みなさん、こんにちは。

 

今日で二者懇談・三者懇談の終了です。お疲れ様でした。

特に3年生は、この結果をもとに進路が確定します。大変な時期ですが、みんなの力を合わせて乗り切っていきたいものですね。

 


残り2学期の日数が16日となりました。

今日、1年生の授業に入ったのですが、両クラスとも落ち着いて学習に取り組めていて感心しました。

学習へ向かう雰囲気が強くなった気がして、嬉しく思います。

こんな時だからこそ、毎日の学習を根気強く続けていきたいところです。

全校で家庭学習ノートの取組みを行っています。(北中では7年前からです。)毎日の授業を復習するというのは、とても大切なことです。真剣に取り組んだ生徒は成績を伸ばしていることが明らかとなっている大切な取組みです。

 

是非この機会に、お子様の家庭学習ノートを一度ご覧いただき、アドバイスをしてあげてもらえたらと思います。もちろん、学校でも声がけを続けます。

先日、学年通信に載っていた、2年生の家庭学習ノートです。

2年家庭学習ノート.pdf

 家庭学習を続けて卒業していった生徒の言葉を紹介します。

「家庭学習を始めたときは、面倒くさかったけど、毎日その日の復習をするようになって、少しずつ成績が伸びてきて嬉しかった。」

 


今日の3時間目、2年C組の数学。

TT(ティーム・ティーチング)、学習指導員、授業改善チームの3人の先生に囲まれての「二等辺三角形の角度」を求める、小林先生の授業です。

たくさんの先生方に教えてもらえる幸せな環境だと思いました。「わからないことを自分から聞く」ことができたら成績が伸びていくというのを聞いたことがあります。頑張りましょうね。